中華街で広東料理を味わいたい方は「おいしい」「こだわり」のランチ・ディナーをご提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】へ~広東料理の歴史~

中華街で広東料理を味わうなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】へ

中華街で広東料理を味わうなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】へ

中華街で広東料理を味わいたい方は、【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】にお越しください。広東料理をはじめ、中国各地の郷土料理を中華街で提供する専門店として、開業以来多くのお客様にご利用いただいています。

コースを複数ご用意していますので、ランチやお祝い、記念日、接待、顔合わせ、結納など、ニーズに合わせて利用可能です。店舗は気軽に食事を楽しめる本館と宴会・記念日に最適な新館の2箇所あります。

広東料理の歴史

広東料理の歴史

広東料理は、中国の南側にある広東省が発祥です。一説によると、広東省は2000年以上前から文明があったと言われており、当時から海外と積極的に貿易を行っていました。そのため、海外の調理方法や調味料などが古くから伝わっていたと言われています。

また、温暖な気候のため、あらゆる野菜を入手でき、海も近く豊富な海産物があります。豊かで多彩な食材と貿易によって得た知識を活かして生み出された広東料理は、日本人にも人気の酢豚やフカヒレ料理、チャーシューなどもあり、バリエーションが豊富です。

華僑達が欧米にも進出した結果、広東料理は世界中に広まり、現在では日本の中華丼のようにそれぞれの国にアレンジされた料理も登場し、多くの美食家達に愛されています。

「おいしい」「こだわり」のランチ・ディナーをご提供

おいしい」「こだわり」のランチ・ディナーをご提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】は、特にフカヒレ料理が自慢です。中でも「フカヒレ姿煮」は、「極肉厚」と言われるほど、食べごたえのあるフカヒレを使用しています。

長年研究してきた結果生み出した秘伝のスープを染み込ませていますので、独特な食感と深いコクを味わえます。身が崩れないように、丁寧に臭みを取りながら戻したフカヒレを、中国各地から集まった料理人達が最上級の技術を遺憾なく発揮して調理しますので、中華街にお越しの際はぜひ来店し、ご注文ください。

お役立ちコラム

中華街で広東料理のお店をお探しの方は【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】へ

会社名 株式会社廣田商事
所在地 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町97番地 一石屋ビル2F
電話 045-680-5858
URL http://www.koushouki.jp/