中華街でコース料理を堪能するならフカヒレのメニューが豊富な【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】~中華料理の種類と特徴~

中華料理の種類と特徴

中華料理の種類と特徴

中国の料理には上海料理・広東料理・北京料理・四川料理があります。

国土面積の広い中国では、地域によって気候やとれる食材が異なるため、それぞれの料理の特徴を知っておくと便利です。中華街でコース料理を楽しむ際は、ぜひ【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。

■ 上海料理

上海がある中国東部は海に近く、海老や蟹などの海産物が豊富です。中でも、上海蟹は代表的な食材といえるでしょう。また、アジア最長の長江下流に位置しているため、お米や野菜にも恵まれています。素材を活かした上品で淡白な味付けの料理が多いです。日本でも人気の小籠包も上海料理の一つです。

■ 広東料理

有名なフカヒレや酢豚、かに玉など、日本で最もポピュラーな中華料理が広東料理です。古くから「食在広州(食は広州にあり)」と伝えられるほど、広州は食の中心地でした。調味料は主にオイスターソースやアワビソースが使われています。中国茶と共に点心を楽しむ飲茶文化も広州発祥です。

■ 北京料理

北京ダックが有名な北京料理は、元々、中国王朝の宮廷料理でした。内陸部のため海産物を使った料理はほとんどありませんが、豚や羊などの豪華な肉料理に塩味を効かせた味わいが特徴です。また、日本でもポピュラーとなった餃子や、コンビニで手軽に購入できる中華まんも北京料理の一つです。

■ 四川料理

香辛料を使った辛さが特徴の四川料理は、痺れるような辛さの「麻(マー)」唐辛子の辛さ「辣(ラー)」酸味の「酸(スー)」その他スパイスの「香(シュン)」をベースに構成されています。麻婆豆腐やエビチリ、担々麺などが代表です。湿度が高い夏の暑さを乗り切るために、発汗促進や食欲増進、夏バテ防止などの意味を込めて辛い料理を食べていました。

中華街でコース料理を堪能するなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】~フカヒレのメニューが豊富~

中華街でコース料理を堪能するなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】~フカヒレのメニューが豊富~

中華街でコース料理を堪能したいとお考えでしたら、フカヒレのメニューを豊富にご用意している【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】へお越しください。

横浜の中華街にある【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】では、会員様限定のお得なクーポンを配信しています。65歳以上のシニア優待サービス・単品料理お会計より5%OFFサービス・コース料理のご注文でソフトドリンク1杯目半額の中から毎回お一つサービスを受けることができます。

さらに、来店ポイントを貯めるとスイーツをプレゼントいたしますので、ご入会希望のお客様はお気軽にお申し付けください。

お役立ちコラム

中華街でコース料理を楽しみたい方は【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】へ

会社名 株式会社廣田商事
所在地 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町97番地 一石屋ビル2F
電話 045-680-5858
URL http://www.koushouki.jp/