中華街で広東料理をリーズナブルな料金で楽しもう!女子会や宴会など団体にも対応~高級食材フカヒレの歴史~

広東料理を中華街で食べるなら

広東料理を中華街で食べるなら

広東料理中華街で食べるなら、【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。

日本三大中華街の中で最大規模である横浜中華街は、多くの中華料理店が集まり賑わいのある街です。横浜の中華街は開国に伴い、貿易で訪れる外国人商人のため一帯を居留地として開発したのが始まりです。その後、多くの中国人が移住し、現在も中国の文化が所々に残っています。

たくさんの中華料理店がありますが、中華料理の中でも本格的な広東料理を食べたい方は【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。フカヒレを専門に扱っており、リーズナブルな料金で美味しいフカヒレ料理をお召し上がりいただけます。事前にご予約いただければ、最大200名様までの団体でのご着席も可能です。

中華街で広東料理を提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】~女子会や宴会など団体にも対応~

中華街で広東料理を提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】~女子会や宴会など団体にも対応~

中華街で広東料理を提供している【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】は、高級食材のフカヒレをリーズナブルな料金でお召し上がりいただけます。

飲み放題コースもご用意しているので、女子会や宴会など団体でのご利用もお任せください。また、フカヒレを使用したスープやチャーハン、焼売や焼き餃子、春巻きなどのメニューもご用意しています。

お子様から大人までご満足いただける料理をご提供いたしますので、気軽にフカヒレを食べたい方はぜひ【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。

フカヒレの歴史を知ろう

フカヒレは中華料理の高級食材として有名ですが、江戸時代の日本ではフカヒレを食すよりも、主に中国への輸出をする食材でした。当時、中国ではフカヒレ・なまこ・アワビの3つが高級品とされており、日本はこれらの食材を中国へ輸出することで幕府の財源としていたのです。

日本でフカヒレを本格的に食べるようになったのは、明治時代以降になります。中華料理が日本に広まり始めてから、徐々にフカヒレ料理が浸透していきました。

お役立ちコラム

中華街で広東料理を食べるなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】

会社名 株式会社廣田商事
所在地 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町97番地 一石屋ビル2F
電話 045-680-5858
URL http://www.koushouki.jp/