中華街で四川料理のランチ・ディナーやコース料理を食べるなら~辛いで有名?四川料理が生まれた背景~

初めは辛くなかった?四川料理が生まれたきっかけ

しびれるような辛さが特徴の四川料理ですが、昔の四川料理は現在のように激辛ではありませんでした。辛い四川料理が生まれたきっかけは、清朝の乾隆帝時代にさかのぼります。

中国南部から四川省へ民族移動が行われる中で、ある人が荷物の豆に虫がわくのを防ぐため干した唐辛子を入れたそうです。それがきっかけとなり調味料としておなじみの豆板醤(トウバンジャン)が生まれ、やがて唐辛子を使った辛い料理へと発展していきました。また、寒さの厳しい四川省では辛い料理を食べることで、食欲を出し発汗を促すことが期待できたため、次第に人々の間で広まっていったようです。

中華街で四川料理のランチやディナーを食べるなら

中華街で四川料理のランチやディナーを食べるなら

中華街で四川料理のランチディナーを食べるなら、中華料理をお得に提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】 をご利用ください。

フカヒレと本場中華料理を多くのお客様に味わっていただけるよう、新館・本館の両店舗でお得なランチやディナー、コース料理を提供しています。お一人様からご注文いただけるフカヒレセット、フカヒレステーキ、リーズナブル料金で2名様からご予約いただける高級フカヒレコースなどをご用意しています。

中華街でランチ・ディナーを楽しむなら、美味しいフカヒレと四川料理を提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。

中華街で四川料理を堪能するならコース料理も提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】

中華街で四川料理を堪能するならコース料理も提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】

中華街で四川料理を堪能するなら、コース料理も提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。

四川料理とこだわりのフカヒレ料理をご提供いたします。幻の逸品「極肉厚フカヒレ」を使用したメニューは、高級感があるのでお祝いや特別な日におすすめです。

フカヒレコース以外にも、コクと深みのある中華料理もお召し上がりいただけます。上海、北京、四川それぞれ現地の料理人が、本場の調理法でフカヒレ料理をご提供しますので、まるで中国に来たかのような感覚を味わえます。

お役立ちコラム

中華街で四川料理を食べるなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】

会社名 株式会社廣田商事
所在地 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町97番地 一石屋ビル2F
電話 045-680-5858
URL http://www.koushouki.jp/