中華街で四川料理のランチ・ディナーを楽しみたい方は【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】に予約のご連絡を~四川料理の歴史~

中華街で四川料理のランチ・ディナーを満喫するなら

中華街で四川料理のランチディナーを満喫したい方は、【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。中華街に訪れた方々に四川料理をはじめ、中国各地の郷土料理を提供しています。おいしい中華料理を心ゆくまで堪能してもらえるように、日々料理の腕を磨いているプロの料理人が最高の品でおもてなしします。

四川料理の歴史

四川料理の歴史

四川料理は、日本ではあまり使われない香辛料も使用する料理であり、古くから存在しています。一説によると、巴国と蜀国があった頃にはすでに四川料理は始まっていました。時代と共に進化を続けていき、春秋時代から両晋の頃にだいたいの形は完成したと言われています。

四川料理と聞くと、辛いというイメージがある方も多いかもしれません。しかし、現在の四川料理と違い、昔は辛くありませんでした。戦火によって他の地域に人々が移り住み、そのうち本来の四川料理は無くなったという説があります。

では、現在の四川料理はいつ生まれたのかと言うと、諸説あるものの1735年~1795年頃だと考えられています。当時は、四川省に中国南部の人々が移り住むようになり、そのような最中でとある男が、荷物の豆を虫から守るために唐辛子を入れたことがキッカケとなり、誕生した豆瓣醤によって現代の四川料理が登場しました。四川料理は麻辣(マーラー)と言われる辛さが特徴であり、麻婆豆腐や担々麺など、日本でも多くの方が食す料理がたくさんあります。

予約のご連絡を【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】は随時受付中

予約のご連絡を【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】は随時受付中

中華街でおいしい料理を提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】は、予約のご連絡を随時受け付けています。

中国の宮廷をイメージさせる新館は、個室を多数ご用意しており、2階のフロアは最大200名様まで着席可能です。広々とした空間で、大切な方々と素敵な時間を過ごせますので、「大人数で利用したい」という場合もお任せください。宴会向けのコース料理もご用意しています。

お役立ちコラム

中華街で四川料理を堪能するなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】

会社名 株式会社廣田商事
所在地 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町97番地 一石屋ビル2F
電話 045-680-5858
URL http://www.koushouki.jp/