広東料理は中華街で食べよう!ランチ・ディナー・コース料理を提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】~フカヒレはどうして乾物にするの?~

中華街で広東料理など中国の郷土料理を楽しむなら~ランチ・ディナー・コース料理を提供~

中華街で広東料理など中国の郷土料理を楽しむなら~ランチ・ディナー・コース料理を提供~

中華街広東料理など中国の郷土料理を楽しむなら、【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。

地下鉄みなとみらい線の元町中華街駅より徒歩2~4分の場所に2店舗を構え、広東料理以外にも四川料理や北京料理、上海料理などの中国郷土料理を提供しています。

最大で200名の収容が可能で、宴会などでもご活用いただけます。また、フカヒレ専門店ですので、フカヒレを使ったランチディナーはもちろん、コース料理など、本格的なフカヒレ料理をリーズナブルな料金で味わえます。

フカヒレはなぜ乾物なの?

フカヒレはサメのヒレを乾燥させた加工品であり、使用する時は水につけて戻し、様々な工程を経て調理します。中国料理に欠かせない高級食材アワビやナマコなども、同様に乾燥させたものを水で戻して使用します。

乾燥させるようになったのは、現代のように生鮮食品の保存技術がない時代に、遠方へ輸送するためでした。重さや量が減少するので、運ぶだけでなく保存にも適しているというメリットがあります。また、太陽の光や風で水分を抜くことにより、フカヒレのうまみや栄養成分、香りをギュッと閉じ込めることができ一層美味しさが増します。乾物は製造するために熟練した技術と時間がかかるため、市場では高値が付けられます。そのため、フカヒレ=高級というイメージを持つ方は多いでしょう。

中華街の中でも、こだわりのフカヒレを提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】では、フカヒレを使用したリーズナブルなランチやディナー、コース料理をご用意しています。予算に合わせてご利用いただけますので、お気軽にお越しください。

広東料理を中華街で食べるなら元町中華街駅から近いお店

広東料理を中華街で食べるなら元町中華街駅から近いお店

広東料理を中華街で食べるなら、広東料理をはじめ様々な中国の郷土料理を提供する【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。

本館と新館の2店舗を運営しており、新館では広東料理を中心に四川、北京、上海から呼び寄せた料理人が中国の特徴的な調理法で料理を提供します。本館では広東料理と、辛さが自慢の四川料理をお召し上がりいただけます。どちらの店舗でも、本場広東料理とこだわりのあるフカヒレコース料理やランチおよびディナーを楽しめます。

新館には各種個室席も設けているので、家族の記念日や宴会などでもご利用が可能です。ゆったりとした空間の中で、フカヒレ料理を堪能するなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】をご利用ください。

お役立ちコラム

中華街で広東料理を食べるなら【横浜中華街 フカヒレ専門店 廣翔記】

会社名 株式会社廣田商事
所在地 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町97番地 一石屋ビル2F
電話 045-680-5858
URL https://www.koushouki.jp/